テニスをしないのに、テニスの上達!?

こんにちは、体重が3キロ増えて、髪が伸びたせいだな。。と思い込んでいる森下です♪

さて、テニスが出来ない今だからこそ!
テニスをしないで、
【テニスの上達ができてしまうという方法】
をご紹介します!

そんな事できるわけないでしょ?
また、過去のブログで紹介したイメージトレーニングとかじゃない?
と思われた方もいらっしゃると思いますが、

その方法は、ズバリ!
運動神経をよくする事!!!!
赤ちゃんもびっくりです。。。

はい、ではなぜ運動神経をよくするとテニスが上手くなるのか説明していきますね!

まずスポーツというのは、非常に複雑な動きなので、難しいんです。
ですが、初めてなのになんでそんな上手にできるの!?運動神経がいいね!
なんてことがあると思います。実際に同時期にテニスを始められた方でも差は必ず生じます。

運動神経というのは、様々な能力が合わさっていて、
【基礎的運動能力】というのがあり、その中でも
姿勢制御運動・・・立つ、寝る、転がる、回るなど
移動運動・・・歩く、走る、飛ぶなど
などがあり、まずこれが正しい姿勢でできる事が全ての基礎となります。

ここが、できていないと、スポーツをしても態勢をすぐに崩したり、転んだりしてしまいやすく、動く事で精いっぱいとなり繊細な技術を意識できません。

次に【コーディネーション運動)で投げる、キャッチする、蹴るなどの運動能力です。
脳と体の動きを連結する部分ですのでスポーツにおいて非常に重要です。

これらの能力を上げる事で、スポーツの技術が格段にアップをするという事です!

最後に、気軽におうちできる運動力UPメニューを紹介します!

まずは、
片足で立つ!

てぃーーーー!
今流行のこの形はとってもいいんです笑
どんどん子供達に真似させてください!

そして
片足ケンケン!
昔は家の前でよくやっていましたね!昔遊びといえば縄跳びとかおいかけっことか、ケンケンパとかでひたすら遊んでいたので、それは運動神経が良い子が多かったわけですね!

丸をかいて、その丸から出ないようにケンケンをしたり、真っすぐの線を引いて外れないようにしたり、大きな丸を書いて、その線をケンケンで移動したて少しづつ難易度を上げてみてください!

あとは、定番のキャッチボール!
ワンバウンドで相手に投げたり、ケンケンしながらしたり、利き手と反対の手で投げたりするとさらに効果的!

こーんな簡単な事なんですが、大事なのは、姿勢よく、バランスよくできるように心がけることです!

是非、試してみてくださいね!

トレーニングでも鍛えらるので、今度ご紹介致しますのでお楽しみに!



コメント